サンク・ラスタ SDGs取り組み内容

サンク・ラスタ株式会社はSDGs達成に向け、ミャンマーのNgo La村に下記のサポートを行っております。 

 


サンク・ラスタ株式会社が注力する2つのSDGs目標


【目標4】質の高い教育をみんなに

抱えている問題

●開発途上地域では、およそ5⼈に1⼈が⼀⽇1ドル25セント未満で⽣活しており、貧困が次の世代にも連鎖し、差別がうまれています。 開発途上国の初等教育就学率は91%に達するも、まだ5 ,700 万⼈の⼦ども が学校に通えておらず、読み書きができない15 歳以上の⼈は世界に約7.6 億 ⼈。うち3⼈に2⼈が⼥性です。

●ミャンマーには135の⺠族が存在し、ミャンマー語(ビルマ語)を話す⺠族は 全体の約6割、残りの4割は⾃国語であるミャンマー語を話せないのが現状です。 その為、たとえ学校に通うことができても⾔葉が分からないため、⼗分な教育を受 けることや就業も困難になり、結果として⽣活⽔準は向上されず、貧困のスパイラルが続いています。


● 地⽅の村や⺠族では、親の教育への関⼼の低さも加わり同国では今も、学校に通えないケースが多い。学校に通う余裕は家庭にはなく、稼ぎ⼿として働かざるを得ないケースは今も多く、近くに通える学校もないため、学校に通いたくてもその環境がないのが現状です。

取組事例

4.4.5 2030 年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先 住⺠及び脆弱な立場にある子どもなど、脆弱層があらゆるレベルの 教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。

【取組事例1 】

同国に関⼼を持ち始めたのは弊社代表三⾕原が20代前半で、現地を旅した時に貧困にあえぐ⼦ども たちを⽬の当たりにしたのがきっかけでした。帰国後、⽇本の中⼩企業経営者で運営する認定NPO・ ⽇本ミャンマー豊友会に加わり、机などの学校⽤品購⼊や学費⽀援を続けてきました。 同NPOの協⼒を受けながら、学校を設けるためクラウドファンディング(CF)による建設資⾦集めま した。

【取組事例2 】
⽇本の幼稚園、保育所に似た幼児向け施設「プリスクール」を、ミャンマー北東部で中国、ラオスと接する シャン州にに建設予定します。25⼈前後を受け⼊れ可能な⽊造平屋を2020年冬に着⼯し、オープ ンは2021年3⽉の予定。 ミャンマーの都⼼部は⽐較的⽣活⽔準や教育レベルも向上していますが、前述の通 り、地⽅の村では相変わらず⽣活⽔準は上がっておりません。地⽅の村(特に⺠ 族)の⼦どもたちが教育を受けられるための仕組みを作ります。

【取組事例3 】
親の事情で学校に通わせてもらえず、⾃国語も学べない⼦どもたちに勉強する時間と 環境を整えるために、保育所の兼ねたプレスクールを予定しています。⾃国語を学び ⼩学校に上がることができれば教育を受け、現状の⽣活⽔準より⾼い教育を受けら れればその家族や村全体にとっても⼤きな環境の変化となります。貧しい⼦どもたち や孤児などにミャンマー語を学習してもらうために、教師の派遣などをサポートしていき ます。

【活動内容】
学校を設けるためクラウドファンディング

活動内容はこちら

ミャンマーに笑顔の“学校”を 倉敷の三谷原さん 建設へCF開始

ミャンマーの学校が決まりました!!!

 

【目標6】安全な水とトイレをみんなに

抱えている問題

ミャンマーは1年のうち4か月が雨季となっております。残りの8カ月は乾期にあたりますが、その間に水をためることができず、池の水など不衛生な水を飲むなど健康に大きな影響を与えます。

また下水施設などが整備されておらず、野外での排泄を行っており、糞尿などで水が汚れる → それを利用するため 衛生面での悪循環

綺麗な水を確保するためには長時間の運搬の必要があり、そのため近くの水を活用する → 衛生面での悪循環。

66.2 2030年までに、すべての人々の、適切かつ平等な下水施設・衛生施設へのアクセスを達成し、野外での排泄をなくす。女性及び女児、ならびに脆弱な立場にある人々のニーズに特に注意を払う。

取組事例

三谷原恒良 が理事を務める 認定NPO法人 日本ミャンマー豊友会 の現地スタッフにZOOMで ニーズを調査した結果水の問題が一番でした。

認定NPO法人 日本ミャンマー豊友会 と通じて、建設したNgo La村にまず井戸を掘ることにしたが失敗、そのため村に貯水ができるようタンクを設置予定。(6m×6m×2.4m)